テスト的なブログ

ニュース、ゲーム、PC、アクアリウムなどを気が向いたときに書くチラシの裏です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NVIDIA GeForce GTX 750 Ti と NVIDIA GeForce GTX 980 Ti の比較

Tom Clancy's The Division のために
NVIDIA GeForce GTX 750 Ti から NVIDIA GeForce GTX 980 Ti に交換しベンチマーク回したので記念に。

ちなみに私が使ってるグラフィックボード
↓↓  750Ti   ↓↓↓↓  980Ti  ↓↓




システム環境:
Windows 10 Pro 64 ビット (6.2, ビルド 9200) (10586.th2_release_sec.160223-1728)
Intel(R) Core(TM) i7 CPU 870 @ 2.93GHz (そろそろ変えたい)
メモリ16375.480MB

①:ASUSTeK NVIDIA GTX750チップセット搭載グラフィックカード GTX750TI-PH-2GD5
②:GIGABYTE ビデオカード Geforce GTX980Ti搭載 ゲーミングモデル GV-N98TG1 GAMING-6GD

ベンチマーク:
ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

設定:
画面サイズ: 1920x1080
スクリーンモード設定: フルスクリーンモード
DirectX バージョン: 11
グラフィック設定のプリセット: マイセット1
描画設定
-水濡れ表現を有効にする: 有効
-オクルージョンカリングを有効にする(見えないものの描画を簡略化する): 無効
-LODを有効にする(遠影表示に簡易モデルを使用し描画負荷を軽減する): 無効
-リアルタイムリフレクション: 最高品質 (DirectX 11 でのみ有効)
-アンチエイリアス: FXAA
-ライティングの品質: 高品質
-細かい草の表示量: 最大表示
-背景の細かい凹凸表現: 高品質
-水面の凹凸表現: 高品質
影の表示設定
-自分: 表示する
-他人: 表示する
影の表現
-キャラクターの影のLODを有効にする: 無効
-影の解像度: 高解像度:2048ピクセル
-影の表示距離: 最長表示
-ソフトシャドウ: 強く
テクスチャ品質
-テクスチャフィルタ: 異方性
-テクスチャ異方性フィルタ: x16
揺れの表現
-自分: 適用する
-他人: 適用する
画面効果
-周辺減光を有効にする(画面の隅を自然に暗くする効果): 有効
-放射ブラーを有効にする(爆発などで周囲に向かって画面をぼかす効果): 有効
-SSAO(立体感を強調する効果): HBAO+:高品質 (DirectX 11 でのみ有効)
-グレア(光があふれる表現): 通常表現
カットシーン効果
-被写界深度表現を有効にする: 有効


結果:
①:NVIDIA GeForce GTX 750 Ti

SCORE:4442
平均フレームレート:34.073
評価:快適
-快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。


②:NVIDIA GeForce GTX 980 Ti

SCORE:12554
平均フレームレート:107.265
評価:非常に快適
-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。


スコア、平均フレームレート共に
約3倍になりました!
お値段は約6倍ですが!!(H28.3.19現在)

この記事を見ていただいた皆様
この機会に買ってみて別世界を味わいましょう!
ちなみにモニターは144Hz推奨です(60Hzと比べると別世界)

★980ti 一覧リンク★

 

スポンサーサイト
[ 2016/03/19 17:36 ] PC | TB(0) | CM(0)

PC

わたしのPCのすぺっく

[ 2010/08/11 17:35 ] PC | TB(0) | CM(0)

SteelSeries S&Sを使用して1ヶ月経過

SteelSeries S&Sを使用して約1ヶ月が経過しました。
分かっていたことですがソールの消費が激しいです。
どのくらいかというと、触ると凹みを感じるって感じ。明らかに削れています。
いや削れるというより「抉れている」のほうが表現としてあっているかも。
パッド自体に変化は無さそう。

ちなみに私としてはS&S使用時のソールは1ヶ月が限界だと思います。
(ソールはHyperglideを使用)


SteelSeries S&S Solo 63002SteelSeries S&S Solo 63002
()
Array

商品詳細を見る



[ 2009/12/01 23:27 ] PC | TB(0) | CM(0)

audio-technica ATH-A900 アートモニターヘッドホン 購入

audio-technica ATH-A900 アートモニターヘッドホン

タイトルの通り audio-technica ATH-A900 アートモニターヘッドホン を購入しました。
公式HP↓
http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-a900.html


感想

フィット感はいい感じですが、締め付けの力がすこし強いかなぁという感じ。キツくはない。
装着時のサイズは2本のアームとウイングが調節してくれるため楽。
耳を完全に覆るため外の音をシャットアウトしてくれるが、蒸れる。
コードは布巻きのため断線の恐れはなさそう。

音に関してはまだエージングをしていないため簡単に感想を述べることはできませんが、
まぁクセがなく、バランスのとれた感じ。
エージングをしていい状態のときのことも書きたいのですが、私は少しずつ変化していく音を楽しみたいので、いい状態のヘッドホンのことはまだまだ書けないと思います。
もちろん初期の状態でも十分音質はよく、安物ヘッドホンとは全然違います。

いままでは安物ヘッドホンを使っていたけど、ちょっといい物がほしくなったという方にはオススメです。

audio-technica ATH-A900 アートモニターヘッドホンaudio-technica ATH-A900 アートモニターヘッドホン
()
オーディオテクニカ

商品詳細を見る
[ 2009/10/26 00:01 ] PC | TB(0) | CM(0)

SteelSeries S&S Solo 購入

SteelSeries S&S Solo


タイトルの通りSteelSeries S&S Soloを購入しました。
STEEL PAD QCKからの乗り換えです。

感想の前に、マウスパッドを変えた理由をすこし。
・以前のQck(というか布パッド)は汗を吸い込んでしまいそれが不快で気になること。
・布特有のボコボコが気になる。
・もっと滑りがほしくなった。
・Qckに飽きた。
です。

布からプラスチックにしての感想
 あたりまえですが、上にも書いた『汗を吸い込んで不快』がないです。この不快が私のモチベーションをとても下げていたので、これがないのは大きい。滑りに関しても満足。止まりは想像以上にいい。
ただやはり、布に比べると滑りすぎ止りにくい感じ。まぁ『布と比べると』です。
私はFPSで少し使ってみましたが、特に問題はないです。多少の違和感はありますが、これは時間が解決してくれると思います。
そんなことより布パッドでの不満が解消されたことがうれしいです。
布パッド特有の不満がある方は購入を考えてみてはどうでしょうか?


関連記事SteelSeries S&Sを使用して1ヶ月経過


SteelSeries S&S Solo 63002SteelSeries S&S Solo 63002
()
Array

商品詳細を見る
[ 2009/10/25 10:38 ] PC | TB(0) | CM(0)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
プロフィール

ポポイ

Author:ポポイ
社畜

My PC

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。