テスト的なブログ

ニュース、ゲーム、PC、アクアリウムなどを気が向いたときに書くチラシの裏です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NVIDIA GeForce GTX 750 Ti と NVIDIA GeForce GTX 980 Ti の比較

Tom Clancy's The Division のために
NVIDIA GeForce GTX 750 Ti から NVIDIA GeForce GTX 980 Ti に交換しベンチマーク回したので記念に。

ちなみに私が使ってるグラフィックボード
↓↓  750Ti   ↓↓↓↓  980Ti  ↓↓




システム環境:
Windows 10 Pro 64 ビット (6.2, ビルド 9200) (10586.th2_release_sec.160223-1728)
Intel(R) Core(TM) i7 CPU 870 @ 2.93GHz (そろそろ変えたい)
メモリ16375.480MB

①:ASUSTeK NVIDIA GTX750チップセット搭載グラフィックカード GTX750TI-PH-2GD5
②:GIGABYTE ビデオカード Geforce GTX980Ti搭載 ゲーミングモデル GV-N98TG1 GAMING-6GD

ベンチマーク:
ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

設定:
画面サイズ: 1920x1080
スクリーンモード設定: フルスクリーンモード
DirectX バージョン: 11
グラフィック設定のプリセット: マイセット1
描画設定
-水濡れ表現を有効にする: 有効
-オクルージョンカリングを有効にする(見えないものの描画を簡略化する): 無効
-LODを有効にする(遠影表示に簡易モデルを使用し描画負荷を軽減する): 無効
-リアルタイムリフレクション: 最高品質 (DirectX 11 でのみ有効)
-アンチエイリアス: FXAA
-ライティングの品質: 高品質
-細かい草の表示量: 最大表示
-背景の細かい凹凸表現: 高品質
-水面の凹凸表現: 高品質
影の表示設定
-自分: 表示する
-他人: 表示する
影の表現
-キャラクターの影のLODを有効にする: 無効
-影の解像度: 高解像度:2048ピクセル
-影の表示距離: 最長表示
-ソフトシャドウ: 強く
テクスチャ品質
-テクスチャフィルタ: 異方性
-テクスチャ異方性フィルタ: x16
揺れの表現
-自分: 適用する
-他人: 適用する
画面効果
-周辺減光を有効にする(画面の隅を自然に暗くする効果): 有効
-放射ブラーを有効にする(爆発などで周囲に向かって画面をぼかす効果): 有効
-SSAO(立体感を強調する効果): HBAO+:高品質 (DirectX 11 でのみ有効)
-グレア(光があふれる表現): 通常表現
カットシーン効果
-被写界深度表現を有効にする: 有効


結果:
①:NVIDIA GeForce GTX 750 Ti

SCORE:4442
平均フレームレート:34.073
評価:快適
-快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。


②:NVIDIA GeForce GTX 980 Ti

SCORE:12554
平均フレームレート:107.265
評価:非常に快適
-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。


スコア、平均フレームレート共に
約3倍になりました!
お値段は約6倍ですが!!(H28.3.19現在)

この記事を見ていただいた皆様
この機会に買ってみて別世界を味わいましょう!
ちなみにモニターは144Hz推奨です(60Hzと比べると別世界)

★980ti 一覧リンク★

 

スポンサーサイト
[ 2016/03/19 17:36 ] PC | TB(0) | CM(0)
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
プロフィール

ポポイ

Author:ポポイ
社畜

My PC

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。