テスト的なブログ

ニュース、ゲーム、PC、アクアリウムなどを気が向いたときに書くチラシの裏です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

女子大生 醤油bukkake

ニュース速報ネタ

詳しくは → livedoor ニュース もしくは、スレを見てください。
wiki 1は消えてました。
wiki 2つめ
その2もどうぞ


流れ

・彼氏の家の前に車を駐車したら通報された。

・それを知った彼氏が夜中に通報した人の車に醤油を bukkake。
 よく錆びるように塩入り(?)
 (ちなみに、いままでは通報されなかったので、通報人=新しく引っ越してきた人。
 という妄想)

・これらを自慢げにブログに書く。(現在はパスを設定していて見れない)

・炎上



原文

>今日だりんの部屋の前に車停めといたら通報された
>私達も負けないくらい性格が悪いので
>「捕まらない程度の
>嫌がらせしよーぜ。」と企みました。
>そしたらなんとだりん様、抜け駆けして夜中に
>そいつの車に上から醤油ぶっかけたそうです!!


その他

・名前、2ショット写真、大学名、住所、父親の職業 が割れている。
・スウェットを貶した(許せん!)
・彼氏のことを調査中、


発言


・頭弱い奴とか常識ない奴とか喋ってていらいらするし無理、会話が成り立たないしね
・肉体労働者って頭が使えないから体使うんだろうね、職人とか。


面白いコピペ (本人とは関係ないと思う)

高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンなアメリカ人教師が来た。
授業は一人一人アメリカ人先生に名前を呼ばれ、前に出てマンツーマンで話をするっていう形式。
先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡してた。

授業が始まると片言の日本語で挨拶をする先生に女子連中はキャーキャー言っていたけど
それを結構厳しい口調で注意するような真面目な先生だったので、みんな真剣に授業に臨んでた。
授業は順調に進み、結構人気のあった女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
先生はそれまでやってきたように大きな声で彼女の名前を呼んだ。

「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・ちんぽ!ちんぽサン!」
生徒は一瞬凍りついた。教室にいた全員が瞬時に「笑ってはいけない!」と思った。
でも、たぶん「シンポ」と言っているんだろうけど、どう聞いても日本語の「ちんぽ」だったし
「それまで片言だったのに、なぜよりによって「ちんぽ」の発音だけがこんなにもネイティブなのか」とか
「なぜか「ちんぽ」に敬称を付けている」とか考えだすとみんな耐えられなくなった。
結局新保さん以外の全員が爆笑。新保さんは顔を真っ赤にしてうつむいていた。

その様子を見ていたアメリカ人先生は状況が飲み込ていないようなのだが、
生徒の一人がみんなの笑いものになっている状況だけは理解できたのだろう
突然般若のような顔になりその爆笑をかき消すかのような大声で「シャァァラッップッ!!」と全員を一喝した。
その表情とテンションの凄さに、教室は水を打ったように静まり返った。
しかし先生の怒りのボルテージは上がったまま。

新保さんの肩に手を置くと「ナンデ?ナンデミンナちんぽをワラウ?ちんぽガナニカシタ?」
全員が「まずお前のせいだ。あと男性生殖器の名称を連呼するのをやめてください」と思っていたと思う。
その後、慰めようとしたのだろう、先生はやさしい口調でうつむいて座っている彼女に語りかけた。

「ちんぽゲンキダシテ。マエニキテクダサイ。ちんぽスタンドアップ!」

新保さんも笑った。

--------------------------------------------------------------------------------------------

これからの展開が気になりますが、自分はもう飽きました。
その2 もどうぞ




スポンサーサイト
[ 2009/07/20 12:35 ] 旧ブログ記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
プロフィール

ポポイ

Author:ポポイ
社畜

My PC

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。